So-net無料ブログ作成

嫌われる勇気 香里奈 第7話 加藤シゲアキ 椎名桔平 升毅 桜田通 丸山智己 戸次重幸 相楽樹 [ドラマ]

嫌われる勇気フジテレビ系

香里奈主演でアドラーの大ベストセラーを大胆アレンジ! 1話完結型の刑事ドラマ


放送日2017年2月23日
毎週木曜 22:00~22:54
主題歌:私/大塚愛

嫌われる勇気.GIF

第7話

嫌われる勇気 #07.GIF

蘭子(香里奈)が出勤すると、
応接室で青山(加藤シゲアキ)と
半田(升毅)が、佐藤という男性(板尾創路)と
向き合っていた。

佐藤は、先日起こった爆発事件の目撃者で、
犯人に命を狙われているから保護してくれ、
と青山に訴えてきたのだ。

佐藤は、犯人から渡されたというカバンの
中身を出すよう青山に指示。

そこには、ぬいぐるみ、スマホ、
タブレットが入っていた。

青山がぬいぐるみを取り上げると、
爆弾が仕掛けられていたことが判明。

下に置くと爆発する、と
佐藤に言われた青山は、手を離せなくなる。

そこへ、犯人からスマホに着信が。

自分は先日の爆発事件の犯人で、
8係を監視している。

外部と連絡を取ったりすれば、
ぬいぐるみを爆発させると予告。

目的は何か、と聞いた蘭子に、
君と勝負がしたい、と言った。 

その後、犯人から二度目の着信があり、
自分が指定した場所にある手紙に
書かれたクイズに答えろ、
と命じられる。

ヒントは1枚の写真だったが、
三宅(桜田通)の分析で場所を特定。

蘭子は、その場へ向かう。

爆弾を抱えた青山は、不安を感じながらも、
蘭子を見送った。

犯人の狙いは蘭子なのに、
巻き込まれて気の毒だ、
という佐藤に、青山は、
自分と蘭子は共同体だと返す。

実は、その共同体感覚こそが、
アドラー心理学のゴールだと、
青山は大文字(椎名桔平)から
教えられていた。 

その頃、小宮山(戸次重幸)と
浦部(丸山智己)は、一心不乱に
駆けていく蘭子を目撃する。


予告動画

http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/index.html

.

キャスト

香里奈/庵堂蘭子 役
警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。
難事件を次々と解決に導いてきた
実績を持つエース。
組織になじまない一匹おおかみ
タイプで、周囲の意見には耳を貸さず、
常に自分が信じる道を行く。
他人からの評価や評判を一切気にせず、
自己中心的だと言われても全くひるまない、
「アドラー心理学」を地で行く
“アドラー女子”。

加藤シゲアキNEWS/青山年雄 役
警視庁捜査一課に異動してきたばかりで、
蘭子とコンビを組む刑事。
正義感が強く、子供の頃から刑事に
強烈なあこがれを持っていた。
人に対して常に明るく接するが、
実は優柔不断で心配性。
蘭子とは真逆に、他人にどう思われて
いるかがすごく気になる
“嫌われたくない男”。

椎名桔平/大文字哲人 役
犯罪心理学を専門とする、
帝都大学文学部心理学科の教授。
事件の犯人像に関する情報を、
警視庁に提供している
特別コンサルタントで、
捜査協力してきた実績がある。
犯罪心理以外の心理学にも精通しており、
相手の誤りを容赦なく指摘することも
ある毒舌家。
蘭子はかつての教え子。

升毅/半田陽介 役
警視庁捜査一課8係の係長。

桜田通/三宅隆俊 役
警視庁捜査一課8係の刑事。

丸山智己/浦部義孝 役
警視庁捜査一課8係の刑事。

戸次重幸/小宮山正明 役
警視庁捜査一課8係の刑事。

相楽樹/相馬めい子 役
帝都大学医学部助教。
監察医。


概 要

アルフレッド・アドラーが創設した
「アドラー心理学」について解説し、
大ベストセラーとなった
「嫌われる勇気」が原案の刑事ドラマ。

人間の悩みとは全て対人関係であり、
他者からどう思われるかは、
自分にはコントロールできない
「他者の課題」。

そこを切り離して考えることで、
対人関係の悩みから解き放たれると
説くアドラー心理学を地で行く、
孤高の女性刑事の活躍を描く。

他者から嫌われることを恐れない
「嫌われる勇気」を持つ
ヒロイン・庵堂蘭子に扮するのは、
5年ぶりの同系連続ドラマ主演となる
香里奈。
蘭子とバディを組む刑事・青山年雄を
NEWSの加藤シゲアキ、2人に協力する
心理学科教授・大文字哲人を
椎名桔平が演じる。

ストーリー
 
警視庁刑事部捜査一課8係の刑事である
庵堂蘭子(香里奈)は、他人からの
評価や評判を一切気にせず、
自己中心的だと言われても
全くひるまない一匹おおかみタイプ。

難事件を次々と解決に導いた実績を持つが、
常に自分が信じる道を行くため、時には
上司や捜査本部の方針に反することもある。

蘭子本人は、それを悪いこととは
感じていないが、その振る舞いや、
圧倒的な検挙率の高さを自慢するでもない
余裕ぶった態度に、彼女を良く思わない
警察組織の人間も多い。

そんな蘭子が、相棒となった
刑事・青山年雄(加藤シゲアキ)を
振り回しつつ、難事件解決に奔走する。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。